プログラム

公開シンポジウム

「電子読書の可能性
―― 東アジア読書共同体を創出できるか」

2015年4月2日(木)


午前

司会: 龍澤 武(東アジア出版人会議理事) PDF

基調報告

9:30~10:00

電子読書という新しい経験
――「引用」をめぐって考える

基調報告_0402-J
熊沢敏之(東アジア出版人会議会長、筑摩書房代表取締役社長)

各地域からの報告

10:00~10:20

新しい記憶術としての連想情報学
――知の蔵をつなぐ情報技術

報告1_0402-J
高野明彦(国立情報学研究所教授)
10:20~10:40

電子読書とジャパンナレッジ
――学術資料における“電子読書”の現状

報告2_0402-J
田中政司(ネットアドバンス・ビジネスセンターゼネラルマネージャー)
10:40~12:10

電子読書で「東アジア人文書100」を読む

(1)或る歴史的変質の時代と読書共同体の変容
――電子読書の試み

報告3-1_0402-J
加藤敬事(東アジア出版人会議理事、元みすず書房代表取締役社長)

(2)電子書籍と開かれた読書
――ひとつの実践報告

 報告3-2_0402-J
海老原勇(筑摩書房ちくま学芸文庫編集部)

(3)未来の読書を想像する
――研究者と電子読書

報告3-3_0402-J
趙星銀(日本学術振興会外国人特別研究員PD)
12:10~13:10 昼食

午後

司会: 林載爵(聯經出版事業公司発行人、東アジア出版人会議副会長)
韓敬九(ソウル大学校自由専攻学部長)
13:10~13:40

デジタル技術の可能性と未来

 報告4_0402-J
徐敬浩(ソウル大学校自由専攻学部教授、前ソウル大学校中央図書館館長)
13:40~14:10

中華書局の古籍デジタル化と
『中華経典古籍庫』

 報告5_0402-J
李晨光(中華書局デジタル出版センター主任)
14:10~14:40

デジタル・リーディングの可能性

 報告6-1_0402-J
黄一琨(中信出版集団中信聯合雲科技公司副総経理)
14:40~15:10

香港商務印書館のデジタル出版の歩みを追う

 報告6-2_0402-J
毛永波(商務印書館(香港)有限公司取締役・副編集長)
15:10〜15:40

分解と再構築:参考図書の電子化

報告6-3_0402-J
項 潔(台湾大学特別教授、台湾大学出版センター長)
15:40~16:00 休憩
16:00~17:00

総合討論


Leave a Reply